日記ページ

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール7日目 午前
最終日です。宿の大掃除、お礼をしたあと、戸狩交流センターで1週間の学習のまとめをしました。戸狩やそれぞれの宿の良さ、自分たちのテーマについて話し合いました。
閉校式でお父さんお母さん達、そして戸狩とお別れをししました。

公開日:2018年09月26日 10:00:00
更新日:2018年09月26日 11:04:45

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール6日目 夜
みんなで力を合わせて準備をしたお礼の会をしました。
1週間のお礼の気持ちを言葉や歌、ゲームに込めた会となり、宿の方・指導員と最後の夜を過ごしました。

公開日:2018年09月25日 21:00:00

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール6日目 朝
朝ごはんの支度は、食事係を中心に当番制で行っています。
子供達は素早く準備ができるようになってきました。
しっかり食べて、雨の6日目スタートです。

公開日:2018年09月24日 22:00:00
更新日:2018年09月25日 07:37:16

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール6日目 午前
宿毎に郷土料理体験をしました。
笹寿司や天井焼きなど、自分たちで切ったり焼いたりしながら楽しく作りました。
出来上がった郷土料理は、みんなで美味しくいただきました。

公開日:2018年09月24日 22:00:00
更新日:2018年09月25日 12:43:41

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール6日目 午後
午後はクラフト体験です。わらでリースを作ります。
途中、みつ編みをする場面では、やり方を教えたり手伝ったりと、子供同士で協力する姿も多く見られました。

公開日:2018年09月24日 22:00:00
更新日:2018年09月25日 15:35:11

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール5日目 夜
5日目の夕食です。おいしくいただいています。
ある宿の学習のまとめでは、気持ちを言葉にすることの大切さが話し合われていました。友だちとの生活から、日々多くを学んでいます。

公開日:2018年09月24日 20:00:00
更新日:2018年09月25日 06:25:19

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール5日目 午後
午後は宿ごとの農作業体験です。さつまいもや枝豆など、畑の作物の収穫や、ミニトラクターを使っての畑おこし、苗植えやジャガイモの選別などのお手伝いをしました。採れたてのミニトマトがおいしくて、嫌いなトマトを7個も食べた!という子もいます。作業の合間には、バッタやカマキリ、カエルなど、生き物探しに夢中の子供たち。ここで見るバッタやトンボは、東京のものよりもかなり大きいです。
農作業の後は、明日のお別れ会の準備をしています。お世話になった宿の方や指導員の先生に、どうしたら感謝の気持ちが伝えられるか相談中。なかなか意見がまとまりませんが頑張っています。

公開日:2018年09月24日 16:00:00
更新日:2018年09月24日 17:01:48

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール 5日目午前
風が涼しく気持ちのよい朝です。朝食の準備も班で協力し、手際よくできています。
課題別学習は3テーマ目、最後の学習となりました。オリパラ学習チームはカヌー体験。静かな湖面を滑るように進む爽快感はなかなか味わえない経験です。用具をしっかり片付け、手入れをすることや2人で息を合わせてオールを動かすことなど、普段の生活に生かせる大切なことも学ぶことができました。
雪国の暮らしチームは、宿周辺で消雪パイプなどの設備を見たあと、ふるさと館で昔の道具などを見学しました。3日間の課題別学習を通して、飯山の森や川、米作りのつながりが実感できたようです。

公開日:2018年09月23日 23:00:00
更新日:2018年09月24日 13:47:25

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール4日目 夜
今日の夕食はバーベキュー。炭火でお肉やフランクフルトがおいしそうに焼けています。畑でとれたカボチャが甘くて大人気の宿もあります。お腹いっぱい、おいしくいただきました。
課題別学習も2日目になり、まとめの時間には、どの子もたくさんの気付きを発表しています。学習が深まっていることがうかがえます。
今日こそは星空観察ができるかと期待しましたが、雲が多くて難しそうです。夜のゲレンデでナイトハイクを楽しんでいます。

公開日:2018年09月23日 20:00:00
更新日:2018年09月23日 22:40:21

カテゴリ:セカンドスクール
セカンドスクール4日目 午後
午後の活動は稲刈りです。何日かぶりの秋晴れの空の下、黄金色に実った稲穂がとてもきれいです。鎌の使い方や作業の手順を教えていただき、さっそく作業が始まりました。稲を刈る役、刈った株を束ねる役、運んで脱穀機にかける役など、稲作には分業や協力が不可欠であることが、よく分かります。1時間半の作業で、刈り取りを終えたのは広い田んぼの手前5列ほど。お米ができるまでの作業の大変さを子どもたちも感じることができたようです。今日のご飯はきっとおいしいことでしょう!

公開日:2018年09月23日 16:00:00
更新日:2018年09月23日 17:06:58